クリエイティブライター・エディター
福光 俊介 Syunsuke FUKUMITSU
Writing & Editing labo The Syunsuke FUKUMITSU代表

サイクルジャーナリスト/アナリスト
スポーツライター
企業広報系 ライター・エディター
企業広告系 アドバタイジングライター・コピーライター・エディター・ディレクター
子育て支援 ライター・エディター
エディトリアルフォトグラファー

1980(昭和55)年9月22日生 北海道出身

 

【略歴】
~2005
小学校・中学校と文章を書くことが好きだったが、高校時代に大学受験の小論文対策で受講した「国語表現」の授業で書いた作文が高く評価され、「自分の文章で人の心を動かせるのかもしれない」と悟る。


2005
鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 障害児教育専攻修了。
専門は障がい児・者スポーツ指導。
論文テーマは「自閉症児の疾走能力向上と効率的な指導法の検証」。

陸上競技・長距離で数社からの勧誘の末に入社先を決めるも、入社半月前に不況による勤務形態の変更を告げられ内定を辞退。
恩師の説得もあり、特別支援学校で教員として勤務する。


2006
教員を退職し、育児情報誌「ワイヤーママ」のスタッフとして加入。
ライター・エディターとして、ママやキッズ・ベビー、ファミリーに優しいショップやクリニック、施設、公園などを取材・執筆し、誌面を通じ子育て支援に携わる。
入社1カ月からテレビ番組にレギュラー出演し、最新号の紹介を行う。


2008
「ワイヤーママ」編集長に就任。
キャリア2年半と異例のスピード就任に、地元紙、その他メディアからの取材を受ける。


2012
サイクルジャーナリストとしての活動を開始。
ツール・ド・フランス関連のコラムでデビュー。


2015
『Writing & Editing labo The Syunsuke FUKUMITSU』を立ち上げる。
自転車競技を中心に、ライター・エディターとしての活動の幅を広げる。


2016
約8年務めた編集長職を退任・退社。
フリーランスのライター・エディターとしての活動を本格スタート。


 

【活動について】
●拠点:徳島県徳島市
●活動範囲:国内外問わず
●業務内容:ライティング(執筆)/エディティング(編集)全般、各種執筆代行、企画編集・構成、写真撮影 ほか(詳細はこちら)

 

■得意分野
・サイクルロードレースを筆頭に、シクロクロス、トラック、MTB、BMXといった自転車競技全般
・サイクルイベントなどの実走レポート
・スポーツ全般・・・特にサッカー(欧州リーグ、Jリーグ)、アマチュア野球(高校・大学・社会人など)、水泳、柔道、ゴルフ、バスケットボール(B.LEAGUE) ほか
・自転車競技、その他スポーツの試合結果やレポート、戦評
・教育・・・特に特別支援教育
・子育て・・・公園、病院、グルメ、ショップなど、こどもとお出かけできる、またはファミリー層に優しいスポットのピックアップ
・BtoB企業広報、BtoC消費者向け広告・・・業界・業種は問わず。広告制作や企画立案は雑誌エディター時代に実績多数
・文章テイストは固めのものから、ソフトなものまで、オーダーに合わせた対応可能
・ユニークさやおもしろさ、ウィットに富んだイメージの文章
・いずれのご依頼も執筆と並行しての写真撮影も可能
・未知の世界・業界でも、自らの後学のためにどんどん挑戦していきたい
・評価をいただくことが多いのは、「文章の分かりやすさ」「セレクトする言葉の分かりやすさ」「綺麗な文章」「活躍や功績を残した人物への賞賛、リスペクトを込めた内容の文章」など


■あまり得意ではない分野
・特定の人物を“ネタ化”する内容、disる内容
・歴史ネタ
・政治、経済もの
・時事ネタ、ニュース記事
・社会風刺系

 

■趣味
・ロードバイク(観るのも乗るのも好き)
・歌舞伎(片岡愛之助、中村壱太郎、中村種之助)
・映画(バッドエンドでなければジャンルは問わず)
・サッカー(欧州サッカー、特にリーガエスパニョーラ)
・クルマ(スポーツタイプ、セダン)
・読書(ノンフィクション、ミステリー)
・ファッション(ほどほどに・・・)

■特技
・バルーンアート(お仕事としてギャラをいただけるレベル)
・サクソフォーン(演者としてステージに立ったこと少々)

 

■お問い合わせは・・・

お受けできる仕事の例・料金表などは → WORKS
ご相談・お見積もり・お仕事のご依頼 → CONTACT